快晴 キャンプ

天候に恵まれ、数年ぶりのキャンプ。キャンプが趣味と言いつつ、実はなかなか行けていませんでした。

ハイキングやBBQをしてキャンプを満喫しました。

管理棟横の薪置き場に大量の虫が発生。はじめは興味がなかったからか近くを通っても気が付かなかったのですが、虫に詳しい仲間がその虫を発見、名前も教えてくれました。今まで何度か見たことがある虫でしたが名前まで知りませんでした。結構有名な虫でした。

同じ景色を見ていても意識の持ち方で違うんですね。そんな格言が何かあったような、、、

思い出せないな、なんて言ってる間に夏が始まるよ〜

紅葉 ハイキング

紅葉を見に、ハイキング行ってきました。

初めてのコース。

初めての道ってワクワクするような、どこか不安なような、そんな感じがしませんか。

「この道を行けば どうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし

 踏み出せば その一足が道となり その一足が道となる

 迷わず行けよ 行けばわかるさ」

赤坂 ビルと風鈴

まだ暑いとはいえピークは過ぎましたね。今年はプール、ハイキング、川遊び、USJ・・・たくさん遊びました。

コロナウィルスが出始めた頃、仕事で赤坂のプロジェクトが始まりました。新しい生活様式にもまだ慣れていなく、暗中模索の状態から一つひとつ手探りで積み上げてきました。ようやく今月でひと段落。

太陽ってこんなにも眩しい、風ってこんなにも清々しい。マスクなしで外出できるようになり、久しぶりに思い出しました。

日本橋 麒麟の象

昔から変な事に記憶は良い方で、幼稚園での工作の風景や小学校で使っていたお気に入りの下敷きの柄も鮮明に思えている。たいして意味のない記憶である。

初めて日本橋を通った時のことも覚えている。車で南から北へ日本橋を通過した。この時、運転中だったので麒麟の象も道路元標も見ることなく、運転席から見える一番大きな建造物・高速道路に気を取られてしまったと同時に、日本橋のシンボルとして記憶に刷り込まれてしまった。

記憶を上塗りすべく、日本橋を徒歩で渡ってきた時の1枚。